Author Archive

ガソリンの費用と駐車場

自動車を所有していると、週末だけ利用する方でも一定の維持費が掛かります。税金や保険料は毎年払わなければなりません。週末ドライバーなら保険料の安い保険を選びたいところですが、万一の際の補償を考えたらある程度の補償額は必要です。


日食
自動車の維持費を抑えるためにはガソリン代と駐車場代を工夫する方法もあるでしょう。燃費の良い自動車を購入すれば良いのですが、既に所有している自動車の燃費を良くする方法はあるのでしょうか?
タンクに燃料を入れる時は常に満タンにする方が多いかもしれませんが、満タンではなく半分程度に抑えておくことがポイントです。自動車は少しでも重くなると燃費が悪くなります。燃料タンクが満タンの状態と半分しか入っていない状態とを比べたら、やはり少ない方が燃費が良くなります。面倒でもこまめに給油するようにしましょう。燃料を入れる際は、できればセルフのスタンドを利用するといいでしょう。一回分では大きな差にはなりませんが、年間で考えるとかなりの節約になります。
駐車場代も自動車の維持費の一つです。アパートやマンションにお住まいの方は、敷地の中にある駐車スペースを利用した方が得になります。近隣の相場よりも若干安く設定されているでしょう。

車の購入と計算シミュレーション

車は持っているだけでお金のかかるものです。
そのため、車を購入する際は購入後の維持費をしっかり計算し把握することが大切になります。
車を購入する際、当然、車本体の値段がかかります。そこに諸経費といったものが加わります。これは税金や手続きの際の手数料のことです。
購入のときの金額はあらかじめ計算しているはずですので購入後の維持費について考えてみます。
まずローンです。車を一括で購入した方にはかかりませんがほとんどの方はカーローンを組むので毎月の支払いが発生します。
次に保険料です。任意保険の加入は当然行う必要があります。この保険料がかかってきます。
次にガソリン代です。走れば走るほど高くなります。さらにガソリンは相場が変動するのでそこでも出費が変わってきます。


アパートや近隣に駐車場を借りている方はその使用料もかかります。
ほかに毎年払う自動車税、これは所有する車の排気量によって異なります。
2年に1回くる車検、これも車により値段が変わってきます。さらに車検を受ける場所により料金が変わります。
このように車は維持するだけでもこれだけのお金がかかってきます。
この他、故障した場合や事故により損害を出した場合はさらにお金がかかります。
車を購入する場合はしっかりと計算シミュレーションをして購入する必要があります。

車の維持費について

これから車を購入することを検討している方は、車の価格だけでなく維持費についても考えておかなくてはなりませんね。
車を維持するためにはどの程度の費用が掛かるのか確認しておきましょう。
新しく車を購入する時に必要な費用には、自動車取得税をはじめ自動車重量税、自動車リサイクル費用、自動車保険の保険料等があります。税金の額については購入する自動車の種類によって異なります。軽自動車は安くなっていますが、大型の自家用車になると軽自動車の数倍は高くなります。
自動車保険には種類が二つあり、強制保険の自賠責保険と任意保険に分けられます。自賠責保険はどの保険会社で加入しても同額ですが、任意保険は保険会社ごとで保険料を設定しているため比較しながら選ぶことが費用を抑えるコツになります。


自動車を購入した後に掛かる費用では、毎年払う自動車税や保険料の他に車検費用があります。車検は新車で購入する以外は二年に一回の頻度で受けなければなりません。車検費用も自動車の車種や大きさで変わってきます。
常に掛かるコストにはガソリン代と駐車場代があります。賃貸住宅の場合は、所有している自動車の台数分の駐車場代が掛かることになるでしょう。自宅の敷地内に駐車できれば必要ありません。

オゾン脱臭機とは

自動車内の匂いは、所有者本人は気にならないことが多いですが、他人は気になり、自動車買取でもマイナス査定になります。
ニオイ対策として、空気清浄機や芳香剤があります。
空気清浄機は、車内の空気環境を良くすることには適していて、車内に漂っている臭いは取れますが、マットやシートに染み付いた臭いまではとれません。
芳香剤は手軽で安息効果もありますが、嗅覚をごまかしているだけで、臭いが消えるわけではありません。
現在、消臭効果が最も高いものに、オゾンを発生させ、臭いを元から分解するオゾン脱臭機があります。
オゾンとは、ギリシャ語の「嗅ぐ」ことに由来する言葉で、オゾンの分子式は酸素原子3つが集まったO3です。


虹
オゾンは、塩素の数倍の酸化力を持ち、脱臭・除菌に効果があります。
オゾンは非常に不安定な気体であるため、徐々に酸素分子に戻るため残留の心配がなく、空港ではオゾン発生装置を配置させ、インフルエンザ対策としても活用されています。また、オゾンには除菌、花粉除去・ダニなどの害虫忌避などの効果もあります。
一般的にオゾンと聞くと、オゾン層破壊などマイナスなイメージがあります。確かに 高濃度のオゾンは、人体やペットに有害ですが、消臭用に用いられるものは、自然で発生する程度の濃度のため影響はありません。但し、喘息等の疾患がある場合は念のため、使用前に医者に相談することがよろしいです。
オゾンの原料は空気中の酸素で、コストは電気代だけです。つまり、エンジン作動中はコストがかからないことになります。

車載用空気清浄機の使い方

マイナスイオン等を発生させ、カビなどの菌類や花粉を無効化する効果のある空気清浄機能、さらにタバコ臭や車内に残っている嫌な臭いを吸収分解する機能が付加された車載用空気清浄機は人気の高いカーアクセサリーです。スマホサイズや、カップタイプの見た目の物など小型の商品が多く、電源はシガーソケットから取るタイプが主流であるため、カップホルダーにおいて使用することができます。


専用の置き場所を作らなくても、商品だけがあればソケットから電源を取り、すぐ使用することができます。ソケットにつないでエンジンをかけると作動が始まり、消臭除菌効果が期待できます。基本的には1台で車内全体の空気清浄機能を果たすことが可能です。本体にスイッチがついていてLEDライトが消せるものや、シガーソケットを使用しない、USBタイプの電源の物などもあるので使いたい状況に合わせて商品を選ぶことをお勧めします。USBを使用するタイプの物は車内だけではなく卓上などパソコンのある環境でポータブル使用することもできるため汎用性が高い商品となっています。アロマオイルをたらすことができるタイプでは、空気清浄効果に加えて香りの癒し効果が期待できます。

芳香剤の役割

自動車における芳香剤の役割は、実に多彩なものがあります。
例えば、心地よい空間を作り出す役割を果たしてくれます。
これは特に長距離ドライブの際に実感しやすいことですが、車内が良い香りに包まれていれば、長時間車の中で快適に過ごすことができます。
しかし香りが良くないと気分が悪くなるなどして、車内が居心地の悪いものになってしまいます。
居心地の悪い車内で長時間過ごせば、せっかくのドライブも楽しいものとはならないでしょう。
こうした意味で、車内の臭いがどうあるかという問題は大きな要素です。
また、良い香りを出すというだけではなくて、嫌な臭いを分解させることも役割になります。
例えばその代表がタバコです。


タバコは吸ってる本人は分かりませんが、吸わない人にとってはとても不快な臭いです。
それは吸った後の臭いでもそうですが、そうした車内に残った臭いを分解消臭することが今の商品にはできるのです。
どうしても車内でタバコを吸いたい人にとっては、この役割はとても大きいでしょう。
さらに、エアコンのカビ臭を分解・消臭する役割も果たします。
車を長年使っているとどうしてもエアコンのカビ臭が発生してしまいますが、それを分解・消臭してくれるというのは、人を乗せる機会の多い人にとっては助かることです。
単に良い香りを充満させるだけじゃなく、こうしたいろんな役割を果たしてくれています。

消臭スプレーの効果

自動車内部の嫌な臭いの正体は化学物質やタバコ臭、食べ物やペットなどの臭いなどが主なものになります。車内の消臭の方法としては重曹を座面にまいて掃除機で吸うことで臭いを吸収したり、据え置き型の脱臭機を使用したり、エアコンフィルターやフロアマット、ルーフなどを綺麗に掃除することで臭いを軽減させるなどの方法があります。


冬景色02
また、消臭スプレーを使って臭いを消すという方法も効果的です。使用するスプレーや車内専用の物や、光触媒使用のもの、除菌作用のあるものを選ばれることをお勧めします。とりわけ臭いを吸収しやすい座席を中心にまんべんなくスプレーをかけ、しばらくドアを開けて換気もすると臭いが飛びます。晴れた日に日干しもかねて行うと、日光の除菌効果も期待できます。なお、革シートや布シートといった座面の種類によって、スプレーをかけてよいもの悪いものも変わりますので、使用する前に自分の車のシートの材質を確かめ、使用して良いか確認しておく必要があります。革の場合にはあらかじめ目立たない部分でテストすると安心です。このような消臭グッズの取扱店はインターネットやカー用品専門店があり、車専用のアイテムを見つけることが可能です。

光触媒スプレーの効果

光触媒スプレーとは、光触媒によって布などに付着している臭いやウイルス、菌などの有機物を分解する作用を持つスプレーです。つまり、そのスプレーをかけておくだけで消臭効果や抗菌効果などをもたらすことが可能となります。

それは、主にタングステンという金属の酸化物を用いており、それを水やエタノールなどの溶液で分散させて製造されています。光触媒自体は臭いを持っていない成分のため、芳香剤のように香りが持っている成分と違います。


冬景色01

一般の消臭スプレーと違う点については、臭い成分やウイルス、菌などを包み込んで消臭を行なうのでなく、光触媒に光を当てることでその触媒の作用によって、消臭や有害物質の分解を行なう点にあります。またその特質としては、ふりかけた光触媒が残っている期間は効果が持続している点もあり、比較的に長持ちをする性質があります。

主に使用されるシーンが自動車の室内である場合、光触媒が反応しないケースもあります。その理由としては太陽光に含まれている紫外線に反応するタイプだと、サイドガラスやフロントガラスの種類によっては紫外線をカットする樹脂を用いているからです。その場合は可視光タイプを利用すると良いです。

その他に部屋などで太陽光が届かない場合においても、蛍光灯でも反応する光触媒も開発されているため、シーンによってスプレーを注意をして使い分ける必要があります。

消臭方法とは

自動車は長く乗っていくうちに、ゴミ、ほこりや汗、食べこぼしなどからいろいろな臭いがこもりがちです。またゴミなどから発生する微生物も臭いを発生する原因のひとつとなります。またそうした微生物からの排泄物、自動車を使用する人からの汗などからはアンモニア臭を発生する原因となっているとも言われています。アンモニア臭は特に誰もが気になる臭いの一つであり、不快感を与えてしまうものとなります。他にも普段毎日乗り回していると自分では気がつかないような臭いも意外とあるので注意が必要です。自動車は外部から閉ざされた空間であるため、どうしても臭いの温床となっています。したがって、常時気持ちよくすごせる空間にするには自動車の中の消臭対策が重要となります。対策はやはり自動車の中を常に清潔に保つことが重要となります。


食べこぼしがあればすぐに取り除くのはもちろん、定期的に中を水ぶきしたり、掃除機などを使いながら小さなゴミやチリを取り除くことも必要となります。最近では自動車の中の専用のウェットティッシュをはじめとした商品も多く出回っているので、それらを使うのも一つの有効な手といえます。さらに、臭いに特化した竹墨を使った商品、臭いを吸収するようなジェル、芳香剤なども併用するのが有効だといえます。