光触媒スプレーの効果

光触媒スプレーとは、光触媒によって布などに付着している臭いやウイルス、菌などの有機物を分解する作用を持つスプレーです。つまり、そのスプレーをかけておくだけで消臭効果や抗菌効果などをもたらすことが可能となります。

それは、主にタングステンという金属の酸化物を用いており、それを水やエタノールなどの溶液で分散させて製造されています。光触媒自体は臭いを持っていない成分のため、芳香剤のように香りが持っている成分と違います。


冬景色01

一般の消臭スプレーと違う点については、臭い成分やウイルス、菌などを包み込んで消臭を行なうのでなく、光触媒に光を当てることでその触媒の作用によって、消臭や有害物質の分解を行なう点にあります。またその特質としては、ふりかけた光触媒が残っている期間は効果が持続している点もあり、比較的に長持ちをする性質があります。

主に使用されるシーンが自動車の室内である場合、光触媒が反応しないケースもあります。その理由としては太陽光に含まれている紫外線に反応するタイプだと、サイドガラスやフロントガラスの種類によっては紫外線をカットする樹脂を用いているからです。その場合は可視光タイプを利用すると良いです。

その他に部屋などで太陽光が届かない場合においても、蛍光灯でも反応する光触媒も開発されているため、シーンによってスプレーを注意をして使い分ける必要があります。

Comments are closed.